デリケートゾーンに出来る黒ずみの原因|自宅で出来る対策とケア方法

デリケートゾーンに出来る黒ずみの原因|自宅で出来る対策とケア方法

デリケートゾーンに出来る黒ずみの原因|自宅で出来る対策とケア方法

 

普段は他の人に見られる機会なんてそうそうないですが、いざと言うときや温泉での入浴時には、「この人アソコが黒いなあ・・・」なんて思われたら嫌じゃないですか。

 

例え人に見られなくても、誰だって出来ることなら綺麗な肌色に保っていたいもんだと思います。色見なんて人それぞれ、生まれつき色が濃い人もいれば、熟年を過ぎても色見の薄い人もいるのであまり気にしないでも・・・

 

とは言うものの、男性にアンケートを取ってもデリケートゾーンの黒ずみはケアしてくれるほうが嬉しいという意見が8割を超えると言います。まあ、男目線のことはさておいても、「デリケートゾーンの黒ずみ対策」に頭を抱えている女性は星の数ほどいるはずです。

 

このページでは、ごく一般的な「デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因」と、その対策として「自宅で簡単に実践できるケア方法」をご紹介していきますので、お悩みならお役に立てるかもしれません。

 

 

デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因は?

デリケートゾーンに黒ずみが出来る原因

 

デリケートゾーンの黒ずみには、さまざまな原因が考えられます。

 

ムダ毛処理の影響

ムダ毛処理

 

肌は刺激を受けるとメラニン色素を作り出します。これがバリアとなり、肌への悪影響奥まで浸透するのを防いでくれます。そのため間違ったムダ毛処理を続けていると、肌のメラニンが反応し、黒ずみの原因となってしまうとされています。

 

特にカミソリによる刺激は強いため、黒ずみになりやすいのです。最近流行りの家庭用脱毛器なども、強い光を当てるためメラニン色素を作る要因となっているようです。

 

肌の炎症やかぶれ

 

また、乱暴なムダ毛処理は、肌の炎症やかぶれを招きやすく、後述する摩擦にも弱くなるため、切れ味の悪いカミソリやシェーバーなどにも注意が必要です。

 

炎症やかぶれと言えば、肌に合わない生理用品の使用や蒸れた状態を長時間継続するのも原因となるため、ムダ毛処理と同様に気を付けておきたいところです。

 

 

デリケートゾーンの汚れ

陰部の汚れ

 

デリケートゾーンは汚れやすい部位でもあります。その原因のひとつが月に一回やてくる生理で、分泌される下り物や皮脂汚れ成分が関係しています。

 

女性の性器は複雑なヒダ状をしていて、汚れが溜まりやすく、脂っぽい下り物や皮脂など落ちにくい汚れが残ってしまう傾向にあるため、炎症を起こしメラニン色素の沈着を招きやすくなります。

 

これが黒ずみの原因となるわけです。

 

 

摩擦

摩擦

 

サイズが合わない下着やスキニーパンツなどのきつい衣服を付けていると、摩擦によって肌を刺激し黒ずみの原因になります。
また摩擦によって肌が常に乾燥した状態になるのも、原因のひとつとされています。

 

あと、黒ずみが気になるからといって、きつく擦るように洗い過ぎてしまうと、陰部に摩擦が生じてしまいますし、お手洗いの時に、トイレットペーパーで強く拭き過ぎてしまうのも良くありません。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

 

ストレスや生活習慣の乱れ、年齢などによってホルモンバランスが乱れることがあります。ホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーも乱れてしまうため、メラニンの排出がうまくできなくなるとされています。
そのためメラニンが沈着し、黒ずみの原因となってしまうのです。

 

 

自宅で出来るデリケートゾーンの黒ずみ対策は?

自宅で出来るデリケートゾーンの黒ずみ対策

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策は、自宅でも手軽に始めることができます。ここでは自宅で簡単に始められる黒ずみ対策をご紹介します。

 

肌にやさしい下着に替える

肌にやさしい下着

 

サイズの合わないきつい下着を付けていると、摩擦によって黒ずみの原因となります。できるだけ締め付けないサイズやデザインのものを選びましょう。

 

素材は、シルクやコットンといった天然素材のものがおすすめです。また、陰部を洗ったり拭いたりする時はなるべくソフトにするよう心掛け、強く擦ったり長く擦ったりしないようにしましょう。

 

 

ムダ毛処理に気を付ける

ムダ毛処理に気を付ける

 

ムダ毛処理をする際には、常に清潔で切れ味のよりカミソリを使うなど、方法を見直してみましょう。また処理の方法を見直してみることも大切です。

 

とにかく、肌の炎症やかぶれにも注意する必要があり、肌に合わない生理用品やザラザラするトイレットペーパーを控え、ソフトな製品を使うようにすることも結構大事で、あと、陰部が蒸れないようにすることも大切です。

 

 

ムダ毛処理の後は必ず保湿

 

ムダ毛を処理した後は、必ず保湿を行うようにしましょう。ただ、非常にデリケートな部分なので、アルコール系などの刺激成分を含んだものは避けるようにします。ジュルやローションタイプで、天然由来の素材で構成された、なるべく無添加のものを選ぶと良いですね。

 

 

肌を清潔に保つ

肌を清潔に保つ

 

黒ずみが気になる部分を清潔に保つことも重要です。
しかしゴシゴシを強く洗ってしまうのは逆効果です。石けんを泡立て、やさしく洗うようにしましょう。
また洗った後は保湿をします。デリケートゾーン用のクリームなども販売されているので、そちらを使うのもおすすめです。

 

 

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整える

 

最近不規則な生活をしている、食生活が乱れている、ストレスが溜まっているなども自覚がある時はまずはそれを整えましょう。ストレスを溜めず規則正しい生活をすることが、ホルモンバランスを整えるコツです。

 

 

美容外科・エステで行うレーザー

レーザー治療

 

一番手っ取り早い方法で効果も高いと考えられるのが、美容外科・エステなどで行われているレーザー治療でしょう。数回通うだけでかなりの効果が見込めますし、早く改善したいのであれば、レーザー治療にかなうものは無いかもしれません。

 

ただ、そこそこ値が張ることや、技術の低いところを選んでしまうと、かえってシミになってしまったなんて口コミも見かけるので、僅かながらリスクもあります。

 

実績があって評判の良いクリニックを選ぶのがポイントですね。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみに良いケアクリームの選び方

デリケートゾーンの黒ずみに良いケアクリームの選び方

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因や、その対策としてもケア方法についてお伝えしてきました。ケア方法は原因に基づいたものなので、気長に実践していればそれなりに改善してくると思いますが、より効果的にケアするなら、デリケートゾーン向けの良質な黒ずみケアクリームを併用するとより結果を得やすいと思います。

 

出来れば、黒ずみの原因に直接アプローチできる成分構成で、その安全性もしっかりと確認されているようなものがおすすめです。また、実際に使用した人の口コミの多くで評判の良い物、それに上質な美容成分を含んでいるものが良いです。

 

あと、非常にデリケートな部位でもありますから、大量生産される化粧品に含まれるような刺激の強い成分を含まない、なるべく天然由来成分を中心としたものを選ぶほうが安全です。とはいえ、どんなケアクリームが良いかとなると、どれを選んで良いか迷ってしまうもんです。

 

で、こちらにおすすめのケアクリームをまとめておきました。取り合えず選び方に基づいて出来る限り確認はしています。

 

 

デリケートゾーン黒ずみケアクリームのおすすめランキング 

▽ ▽ ▽

 

 

 

 

悩み別黒ずみクリームのおすすめ

 

デリケートゾーン以外の部位で、黒ずみのお悩みがある場合には、お悩み別でもまとめていますので、そちらがお役に立てるかもしれません。

 

黒ずみケアクリーム悩み別おすすめランキング

▽ ▽ ▽